« けいおん!!22話「受験」をみて | トップページ | Angel Beats! 3巻を見た感想 »

2010年9月 3日 (金)

ONE(ゲームの構造について)

 ONEの永遠の世界についての解釈を知りたくて、いろんなサイトを周りました。そうしたら、永遠の世界を考える前に、ゲーム構造に大きく分けて2つの説があり、そちらをまず考えた方が良さそうです。もちろん、この構造が永遠の世界というONEの重要な要素に深くかかわっているからなのだと思うのですが。この2つの説を自分なりにまとめてみました。もちろん、おおざっぱにまとめているだけなので、細かい部分まで考察をしている方には物足りなかったり、乱暴にまとめたように見えたりするかもしれません。ただ、今回は自分なりに整理するのが目的です。私なりのONEの考察をするための布石だと思ってご容赦ください。

1つ目の説(物語は時系列順のみに進む)

 ゲームを開始から、時系列に永遠の世界が徐々に出来始める。永遠の世界は浩平の日常に徐々に入り込んでくる。入り込む場所は夜の夢の中だったり、夕焼けの白昼夢だったりする。そうして徐々に大きくなっていき、特定のヒロインと仲良くなった後の夕焼けの白昼夢の中の永遠の世界で、浩平は決定的なことを思い出す。
 それは、浩平にとって、忘れていた2つの重大なこと。1つめは妹の「みさお」の死の記憶と、ずっと続くと思っていたみさおとの楽しい日々が永遠ではなかったこと。2つ目は、叔母に引き取られた後、「永遠はなかった」と泣いて過ごす浩平に、「永遠はあるよ」と言って口付けをしてくれた女の子との永遠の盟約。女の子は「ずっと、わたしがいっしょにいてあげるよ、これからは」と言って口付けをしている。この言葉の内容が永遠の盟約になった。浩平はこの女の子のことをその後の会話で「みずか」(ただし、瑞佳シナリオ以外はキミとカタカナ表記)と呼んでいる。
 永遠の盟約から、浩平は自分がこの世界から永遠の世界へ旅立たなければならないことを悟る。そして、この白昼夢の少し前ぐらいから、浩平は徐々に関係性の薄い人から忘れ去られて行き、ヒロインを除いて全員に忘れ去られる。(シナリオによってはヒロインにも一時忘れられる。ただし、この場合はヒロインは思い出す。)
 浩平は最後に永遠の世界へ旅立つ。
 そして、浩平は約1年後にヒロインのもとへと奇跡的に帰ってくる。そのとき、周りの人々も浩平のことを思い出す。

2つ目の説(ゲーム開始時点で浩平は既に永遠の世界に来ている)

 ゲーム開始時点ですでに浩平は永遠の世界に旅立ってしまっている。実は夢や白昼夢語られてるのは少女と浩平の現在の会話である。日常と思われる部分は全て浩平の回想である。つまり、日常パートを浩平は一度、現実世界で行っていることになる。
 永遠の世界で浩平は少女と現実世界から旅立ってきたなどの会話をしたり、少女の言葉を聞いてこの世界で風を感じようと試みたりする。
 しかし、そうしているうちに、浩平はこの世界が空虚だということに気付く。そして、現実世界に自分は残ろうとしたことに気付く。
 1つ目で書いた白昼夢と同じ永遠の世界描写で、「みさお」の死から「みずか」との永遠の盟約を結ぶまでを思い出す。少女は「みずか」であった。その「みずか」に対して、浩平はキャラメルのおまけなんていらないと永遠の世界を否定し、ヒロインのたちとの出会いが幸せだったことを力説する。そして、浩平は「だからこそ、あのときぼくは絆をもとめてはずだったんだ」と、絆を結んだヒロインとの回想を思い出し、ヒロインの待つ現実世界へと戻ってくるのである。

 人によって少々違うと思われる箇所はあるでしょうが、内容的には大きく違わないと思います。
 次回にこの2つの解釈に対して自分の考えを述べたいと思います。実は今の所、どちらを取っても矛盾が残るのでは?と私は考えています。率直に言いって、すごく悩んでいるというのが今の現状なのです。さらに、氷上シュンの言葉についても注意を向けるべきだと考えています。彼は浩平と同じような境遇なのです。彼の言葉もONEを理解するにあたって重要です。

« けいおん!!22話「受験」をみて | トップページ | Angel Beats! 3巻を見た感想 »

ONE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559013/49321535

この記事へのトラックバック一覧です: ONE(ゲームの構造について):

« けいおん!!22話「受験」をみて | トップページ | Angel Beats! 3巻を見た感想 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック