« Angel Beats!考察 (かなではどういう存在なのか)  | トップページ | AIRとAngel Beats!のOPで羽の舞う向きが逆なことについて »

2010年5月16日 (日)

Angel Beats!考察 (7話について)

まず今回わかったことから書きます。
・音無の生前 初音と言う妹がいたが、病気(?)で亡くなった。それまで、無気力人間だったが、妹が生きがいだったことを気づき、病気を直す医者になるとことに決意し、猛勉強して医学部へ進む決心をする。しかし、大学入学試験日に電車事故で夢半ばにて死亡。ちなみに、名前は結弦(ゆづる)。

・奏は分裂できる。3話のコンピューター内にあったharmonicsを使ったのか?

・ゆりは奏を警戒しているようである。

 音無の死亡原因は他の登場人物と同く普通の死因でした。ので、考察するとすれば成仏条件でしょうか。おそらくは妹を助けたいという思いが強かったので、この世界で人を助けて成仏と言うことになると思います。その人とはゆりなのか奏なのかはまだわかりません。ただ、おそらく、今回奏との仲が進んだので、奏の隠している秘密を知り、それでも彼女を助けようとする行動をとるのではないでしょうか。

 重要なのは奏の方ですね。分裂(harmonics)は3話の彼女のコンピューターの中にあったので、彼女のスキルで間違えないでしょう。ただ、今回、分裂した方が川の主を倒したのち、元に戻らずゆりに攻撃を仕掛けたのは何故でしょう?これはharmonicsがスキルとしては未完成で分裂した方が暴走したのでしょうか。とうすると、暴走した奏はどんな考えを持っているのか。奏はみんなを守りたいからとharmonicsを発動させました。とするとゆりはみんなを守るのに邪魔な存在と判断したのかもしれません。奏の目的はみんなを成仏させることだと思います。やりかたも、3話での岩沢さんの成仏のように自分で納得して、自然に成仏する形を促したいと思っているのではないでしょうか。そうすると、ある意味、成仏を徹底的にしないように努力しているゆりは都合の悪い存在です。そんな奏の思いが暴走した方に強く出てゆりを排除する行動に走らせたかと思います。
 そうすると、次回は暴走した奏を止めひとつに戻どす回となるでしょう。そして、奏の思いを知ったゆりは彼女とやはり対決する道を選ぶと思います。まずは1対1で話合いで対決すると思います。そして、それで表面上はお互い歩み寄るも、しこりが残りそれがSSSの崩壊の火種となる。今後はそんな展開となるでしょうか?

※今回から奏は漢字表記としました。(漢字が正しいようなので)

« Angel Beats!考察 (かなではどういう存在なのか)  | トップページ | AIRとAngel Beats!のOPで羽の舞う向きが逆なことについて »

Angel Beats!」カテゴリの記事

Angel Beats!考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559013/48369059

この記事へのトラックバック一覧です: Angel Beats!考察 (7話について):

« Angel Beats!考察 (かなではどういう存在なのか)  | トップページ | AIRとAngel Beats!のOPで羽の舞う向きが逆なことについて »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック